人手不足の仕事がどんどんつらくなる理由

人手不足の仕事で体がつらくなる理由は次の3つ。

  • 仕事量が多い
  • 残業が多い
  • 休日出勤が多い

そして精神的に辛くなる理由は次の2つです。

  • 負担が自分だけにのしかかる
  • 忙しさの終わりが見えない
  • 改善される見込みがない

こういった肉体的にも精神的にもつらい仕事は、みんな「辞めたい」と考えています。

ですがなかなか行動に移すことができません。

なぜでしょうか?

それは「まだ大丈夫」だと自分に言い聞かせているからです。

  • 今辞めたらみんなに迷惑がかかる
  • 忙しくてもやってこれた
  • まだ大丈夫、まだ頑張れる

こういった考え方になると、仕事を辞めたいと思いながらも「迷惑をかけたくない」という気持ちが増さり、「まだ大丈夫」だと言い聞かせながら働いてしまいます。

すると・・・

「つらい」⇒「まだ大丈夫!」⇒「我慢」⇒「つらい」・・・という無限ループにはまってしまうのです。

一度このループにはまってしまうと抜け出すのは大変です。

永遠と「つらい」⇒「大丈夫」⇒「我慢」を繰り返し、ある日突然限界をむかえます。

すると次のような感情が、理由もなく湧き上がってきます。

  • 何もやる気になれない
  • わけもなく悲しい・さみしい
  • 小さなことが不安で仕方なくなる
  • 絶望感、無力感
  • 自分に何の価値もないと感じる
  • 死にたいと考えるようになる

こうなってしまうのは、「つらい」と感じる自分の気持ちを無視して「大丈夫」だと言い聞かせたからです。

「まだ大丈夫!」だと思うのは、「大丈夫じゃない」と体と心が悲鳴を上げている証拠。

だって本当に大丈夫なら、「まだ大丈夫」なんて思いませんよね?

もし「まだ大丈夫」だと思ったら、いまどんな環境で働いているのかを見直し、できればその環境から逃げることを考えてください。

とくに人手不足の仕事は、同じ環境で働いている方もいるため「まだ大丈夫」だと思いがちです。

「自分だけ辞めるわけにはいかない」

そんな思いが、知らず知らずのうちに自分を追い詰めることになります。

我慢して取り返しのつかないことになる前に、「つらい」環境からは逃げてください。

Note

「まだ大丈夫」は「大丈夫じゃない」証拠。

まだ大丈夫で我慢するから、どんどんつらくなっていく。

つらい環境から勇気をもって逃げ出すことも大切です。